わたしの健康法
Contents menu
  HOME
  スイミング
  サプリ
  足裏健康法
  マッサージ機
  野菜ジュース
  骨盤矯正

人それぞれ、何らかの形で健康には気を使っているものだと思います。
食事だったり、運動だったり、はたまたダイエットであったり。

ストレス解消なんかも、健康に入るんじゃないかな?
わたしが、健康を意識し始めてから、努力してみたことを参考にしていただければな、と思います。

HOME


独身のころは、そんなことこれっぽっちも意識していませんでした。
もともと病院嫌いなわたしは、当然お薬も嫌い。
でも、風邪をひきかけたり、体調が悪くなると、早々にお薬を飲むようにしています。
病院へ行くよりマシだから。

普段、お薬を飲んでいないと、とっても効き目があって、あっという間に体調も元通り。
翌日には遊びに行けるほどでした。
あまり寝込んだ記憶もありません。

小学校のころなんて、インフルエンザにかかったときくらいしか、学校をお休みした記憶もありません。

あ。
石垣から落ちて、怪我したときは、ショックでお休みしたっけな?

それぐらい。
風邪、ってものをあまりひいた記憶がない。
そんなわたしでした。

そんなわたしが健康を意識?
実は、わたし。
30を過ぎて結婚しました。

当然、出産は高齢出産の手前ぎりぎり。
昔と違って、30を過ぎての出産は珍しくはないのだろうけれど、実は身体にけっこう負担のかかるもの。
出産適齢期って、やはりあるみたいです。

出産するには、設計図みたいなものが身体にあるみたいで、その設計図が年をとるにつれ、古くなって、あちこち欠けたり、読み取りにくくなったり・・・。
それで、出産に少し問題が出たり、中には赤ちゃんに影響することも出てきたりするそうです。

逆に若すぎると、まだ設計図が完成していない状態で出産に挑むことになるそうです。
なぜ、その話しが関係あるのか?
私自身、その出産をきっかけに、今までの健康に感謝するようになったからです。

じつは、自分を過信し過ぎていたのか、長男を妊娠中、妊娠中毒症になりかけたのです。
体重の増加も倍近く。
足がむくんで、血圧もかなり高め。

妊娠中毒症が原因で、腎臓が悪くなり、一生人工透析をしなければならない人もいるのだとか。

それを聞いて怖くなり、すこしでも安全に出産しようと、食事は塩分を取り過ぎないように気をつけ、太り過ぎていたので、糖分を控え、ダイエットも意識するようになったのです。

一度、気を使いだすと、なかなか癖になるもので、いろんな健康法を試してみたくなるのです。




What's New

自分にあった運動方法を選んで持続する事が大切ですね。

激しい運動をして、続かないより、ゆっくりとした運動を長く続けた方が最終的にはいいです。

 

耳寄りかも


  
いよいよ待ちに待った解禁日です。何が解禁になるかというと、越前ガニです。この時期が来ると、いよいよ冬がやってくるんだなって思います。冬の味覚といえば、鮮魚。その中でも、カニと、フグ、寒ブリは福井県に行って堪能したい味覚です。カニってお肉とも違うし、魚とも違いますよね。そうだ、カニって死亡がないんじゃないかな。全部繊維、あれって筋肉なのかも。たんぱく質が主で、脂肪って100グラムの中に0.4グラム。だから、ないと、言っていいんです。カニはたくさん食べてもカロリーが低いので、ダイエット食にもいいんですよ。今年ももうすぐ越前ガニ 通販で購入できるんです。楽しみだな。ダイエットと証する贅沢な食品ですが、いつも頑張って仕事しているんだから、たまにはいいですよね。カニは、脂肪がたまらないって事は、太ったカニはいないって事ですよね。確かに丸々と太ったかにって見た事がないです。人間はすぐに脂肪がたまってしまいますよね。どこにつくかって言うとお腹です。ただね、お腹に脂肪がたまるって言うのも、ちゃんとした理由があるんです。お腹って、骨で、中の内臓を守ることができないでしょう。だから、内臓を守るために、脂肪がつくんです。ただ、脂肪はたくさんあればいいって物ではないですから、運動をして、適量の筋肉と脂肪を保つことが大切になってくるわけです。


漫画の「黒子のバスケ」というジャンプ作品が今とても熱いと書店の広告ポスターでも大々的に宣伝されています。その名のとおり少年漫画にありがちなスポコン漫画なんですが、黒子のバスケの少し異質な所はスポコンなのに、主人公の特技が「影が薄い」と言う事。名前に「黒子」と入っている事と、その存在感を消したプレーから舞台裏の「黒子」とかけたタイトルになっているのでしょうが、最初はこんな主人公ありなのか?と疑問を感じていました。初めてその漫画を読んだのはちょうどインターネットで便利屋 仙台がどこにあるか地図を開いてみていた時に、画面上に出てくる広告バナーから興味を得たのですが、絵があまり好きになれずずっと保留していたのです。しかしたまたま電子書籍が一巻だけ無料になっていたのでコレはいいキッカケだと思い、読んでみる事にしました。そこで初めて黒子のバスケというタイトルの意味を知ったのですが、結局2巻以降はまだ読んでいません。いずれ読もうとは思っているのですが巻数が沢山出ているものって漫画喫茶などで一気読みした方がいいような気がしていま迷っている所です。しかしこの黒子のバスケと言う漫画は今大変な事態になっているようですね。作者宛に脅迫状が定期的に送られてくるとか・・この間はコンビニに、そしてついには某大手ビデオレンタルショップはDVDの取り扱いを中止したみたいです。そこまでして脅迫状を送ってくるなんて異例ですよね・・よほど原作者に恨みがあるとしか思えませんが、そうだとしたら漫画が続く限りこの騒動はなくならないような気がします。

真冬になるとよく鼻がツーンとなるんですよね。この現象に名前はあるのでしょうか。寒い夜は息を吐くと真っ白です。夜空を見上げると満天の星が輝きを放っています。気温が低くなると起こる現象ひとつひとつがとても愛おしく感じる瞬間があります。夏場はロマンチックとは程遠いですが夏場も夏場で夕暮れ時や朝日の爽やかさが清清しいなどメリットはありますがロマンチックなのはやっぱり冬の方が強く感じますよね。しかし寒いので外に出る時の防寒対策をしっかりしないといけません。防寒対策ばかり考えておしゃれな服がきれなかったりするので服や小物の選び方も考えなければなりませんね。エルメス バーキンなどが売られているショップで探せばもしかするとお気に入りのブランドの洋服やマフラーなどが売っているかもしれませんよね。私もよく見ています。冬だからどうせ上着ばかりになるのだからインナーなどはどうでもいいやと思っている人がいるのでしたらそれは本当に大きな間違いですよ。お店などに入って脱ぐ時にいくら小奇麗なコートや小物を身につけていても脱いだ瞬間にみすぼらしい格好をしていたらだめなギャップに相手は間違いなく萎えてしまいます。その萎えを無くす為にもちゃんとコートを脱いだ下の服もしっかりと気合をいれるべきなんでしょうね。結局コートを全く脱がない時もありますが(笑)まあそれを言ってしまえば意味がなくなってしまうので見えないところにも気合を入れるのは女性としてとても魅力的にみえるはずですよ。


自分の仕事以外の情報やその他何か興味があることの情報収集がしたいとき、異業種交流会に参加してみるとよ いでしょう。全国各地、交流会が開かれていると思いますが、異業種交流会 名古屋は開催されており、自分 の興味のある事の専門知識を持った人や専門家を知ってる人等から自分にとって役に立つ情報が得られるかもし れません。交流会だけでなく、各種講座や勉強会を行っているところもあります。何か困っていることを相談し たりすると、解決の糸口が見つかるかもしれません。異業種の人たちと交流をすることによって、企業では思い もよらない商品ができたりするかもしれません。ビジネス関係から人との出会いまでさまざまな形がありますが、 自分に合った形の異業種交流会に参加し、幅広いジャンルでいろんな方と知り合いになれると面白いと思います。 女性一人で参加しづらいと思われる方は、参加しやすそうな交流会を見つけ、参加できるとよいですね。

カイロプラクティックを学びたい場合には整体学校に入って基本的な知識と技術を学ぶことになりますが、整体学校にはたくさんの種類がありますので、自分に合った学校を探す必要があります。カイロプラクティックのための整体学校を選ぶ際には、卒業後に進む進路を考えることも大切ですし、学校で学ぶ内容を重視することも必要です。就職を希望す売る場合には整体院の付属スクールがおすすめになります。就職先として整体院がある訳ですし、実技に関しても現場の研修の中から学んでいけるメリットがあるのです。整体師は特別な資格を持たなくても開業できるものですが、学校を卒業した後すぐに独立するのは簡単なことではありませんので、整体院に就職できる点はメリットが大きいと言えます。カイロプラクティックとは東洋医学と西洋医学を合わせたものだと言えますが、東洋医学は気の流れを正常に戻す治療方法で西洋医学は施術を行う外部介入が基本となります。カイロプラクティックは東洋医学と西洋医学の両方を理解しなければいけませんので、高い技術と知識を学べる整体学校を選ぶ必要があるのです。整体学校は民間が運営しているものですから学校によって内容が大きく異なります。将来の独立を考えれば、良い講師がいる学校を選ぶことも大切なのです。


埼玉の学校に通っていた時のこと。 通学に時間がかかるので、アパートを借りてもらっていました。 しかし、慣れない土地での独り暮らし。実家が恋しくて、週末には実家に帰るのが通例になっていました。 帰るのには電車とバスを乗り継いで2時間強。私には結構な距離でした。 1週間ぶりの実家を満喫し、さて明日は月曜日だから帰らねば…。帰り仕度をして、また2時間強の道のりをまた1週間が始まると少しブルーな気持ちで帰って行きました。そして、アパートに付く前に鍵はどこだっけ?探しましたが見当たりません…。ものすごく嫌な予感がしました。 実家に置き忘れてきた!! うそー!信じられない!! 2時間かけて戻ってきたのに、また2時間かけて戻らなきゃならない? 自分で自分が嫌になった瞬間でした。 慌てた私はすぐに家に連絡…。 母も何をやっているんだと呆れていました。 結局のところ、アパートに入れない私はまた実家に帰り、翌朝早くに出て、アパートに戻り、学校へ向かうことに…。 鍵 さいたま市の事を思い出しさえしたら、アパートに入ることが出来たのに…。 本当に大変なことでした。






Copyright © 健康法 All Rights Reserved.